温泉情報ページ 茨城

傷ついた鹿が泉に足を浸していたのが発見のきっかけとなったといわれていて、地元では「鹿の湯」とも呼んでいる。旅館は派手さはないけど、季節によっては、名物の「アンコウ鍋」が食べられる。
湯の網鉱泉
●宿名 (一軒宿) 鹿の湯松屋(要問い)
●住所 茨城県北茨城市関南町神岡下1435
●照会先 ●電話 0293-46-1086
●HP
●泉質 含鉄泉、単純炭酸鉄泉 ●湯温 15〜16度
●効能 神経痛、疲労回復、痛風、冷え性
●その他  天然濁り湯の湯船アリ
●アクセス 車= 常盤自動車道、北茨城IC〜約12k  電車=JR常盤線、大津港駅からタクシーで約7分
●お奨め度 ●照会NO iba-029003
←詳しく地図を調べたい方はこちらをどうぞ
日帰りできる宿をメインに掲載しておりますが、入浴料金、入浴時間などは、変わる場合もありますので、トラブルをさけるために、掲載しておりませんので確認のうえでご利用なさるようにおねがいします。、
 
★ 当サイト全てのテキスト・画像・デザイン・その他のデータ等のコンテンツの無断転載・複製を禁じます。 IE5〜推奨 /
Copyright 2004 あっと・福丸「ああ〜いい湯ッコだなあ」 All rights reserved.