温泉情報ページ 青森

 津軽藩の湯治場として歴史のある温泉。弘前市の南東、大鰐町の真中を流れる平川を挟み、その両岸に温泉街が開けている。大鰐温泉の歴史は古く、建久年間(1190〜1198)に唐僧の円智上人が発見したと伝えられている。藩政時代は御仮屋と呼ばれる館が置かれて津軽藩の湯治場として利用されていた。
 今の大鰐温泉には大規模な宿泊施設はなく、こじんまりとした旅館が多い。この中には客舎と呼ばれる自炊専門の宿が点在して湯の街の風情を漂わせている。
泉質は、含石膏食塩泉で皮膚病、婦人病、腰痛、神経痛、をはじめ、リウマチ、運動障害、痔疾、病後回復等の効能がある。湯量も豊富で、共同浴場が8つもある。
大鰐温泉
●宿名 共同湯=青柳会館、若松会館、山吹湯、羽黒湯、茶臼湯、大湯会館、寿乃湯、萩乃湯 日帰り宿=観光ホテル寿実麗、昇泉閣紅葉館
●住所 青森県南津軽郡大鰐町
●照会先 大鰐町役場企画観光課 ●電話 0172-48-2111
●HP http://www.town.owani.aomori.jp
●泉質 塩化物泉 ●湯温 68度
●効能 動脈硬化症、切傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病
●その他
●アクセス 車=東北自動車道、大鰐弘前IC〜約4k 電車=JR奥羽本線、大鰐温泉駅から徒歩で約10分
●お奨め度 ★★★★★ ●照会NO AO-010010
←詳しく地図を調べたい方はこちらをどうぞ
日帰りできる宿をメインに掲載しておりますが、入浴料金、入浴時間などは、変わる場合もありますので、トラブルをさけるために、掲載しておりませんので確認のうえでご利用なさるようにおねがいします。、
 
★ 当サイト全てのテキスト・画像・デザイン・その他のデータ等のコンテンツの無断転載・複製を禁じます。 IE5〜推奨 /
Copyright 2004 あっと・福丸「ああ〜いい湯ッコだなあ」 All rights reserved.