温泉情報ページ 青森

 下北半島の北岸に湧き、井上靖の長編小説「海峡」も舞台ともなったことでも知られる。津軽海峡を隔てて遥かに北海道「の山並みを望み、夜になればイカ釣り漁船の漁火が瞬き旅情を誘う。下風呂温泉はすでに室町時代から「湯本」の名で知られていた。源泉は2ヶ所。豊富な湯量を誇り、規模の大きい板張りの共同浴場にもたっぷり湯があふれている。
下風呂温泉
●宿名 共同湯=大湯、新湯  日帰り宿=海峡の宿カクチョウ長谷旅館、ホテルニュー下風呂
●住所 青森県下北郡風間浦村下風呂
●照会先 風間浦観光協会 ●電話 0175-36-2353
●HP
●泉質 硫黄泉 ●湯温 40度
●効能 高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病
●その他 源泉かけ流し湯船アリ。    天然にごり湯船、温泉水飲用可(ホテルニュー下風呂)
●アクセス 車=東北自動車道、青森IC〜約135k 電車=JR大湊線、下北駅からバスで約70分
●お奨め度 ★★★★ ●照会NO AO-010014
←詳しく地図を調べたい方はこちらをどうぞ
日帰りできる宿をメインに掲載しておりますが、入浴料金、入浴時間などは、変わる場合もありますので、トラブルをさけるために、掲載しておりませんので確認のうえでご利用なさるようにおねがいします。、
 
★ 当サイト全てのテキスト・画像・デザイン・その他のデータ等のコンテンツの無断転載・複製を禁じます。 IE5〜推奨 /
Copyright 2004 あっと・福丸「ああ〜いい湯ッコだなあ」 All rights reserved.